TEL アクセス お問い合わせ

形成外科

診療内容・特色

  • 熱傷(やけど):軽いやけどは皮膚科になります。深く植皮術が必要なものや、やけどの痕(あと)が引き連れてしまったもの(瘢痕拘縮)に対して形成術を行います。乳幼児、小児のやけどは手術になることが多いので、当科へ受診してください。
  • 母斑、血管腫、良性腫瘍:必要に応じて外来か入院かで手術をしています。
  • 悪性腫瘍およびそれに関連する再建:皮膚癌や、肉腫、悪性黒色腫等を切除し、切除範囲が大きい場合は他の部分から組織を持ってくる手術などを行っています。
  • 瘢痕、瘢痕拘縮:外傷などによる醜形、引きつりにより日常生活に問題があるなどを手術によって改善します。
  • 肥厚性瘢痕、ケロイド:帝王切開後などの痛痒い隆起した赤い傷あとの治療をしています。主にステロイドの局所注射、ステロイドテープなどをお勧めしています。
  • 難治性皮膚潰瘍:広く皮膚が欠損した場合、皮膚移植や皮弁術を行っています。
  • 褥瘡:主に軟膏による加療を行っています。必要な場合は手術で閉鎖することもあります。
  • 顔面骨骨折:頬骨、眼窩骨等の顔面骨骨折の吸収プレートによる整復術を行っています。鼻骨骨折は入院全身麻酔下で行っています。
  • 外傷による軟部組織損傷:切り傷に対して縫合処置、その後の傷跡の処置もしています。
  • 先天異常:副耳、耳瘻孔、手足の異常などについて、幼少期からの手術を入院全身麻酔下で行っています。
  • :陥入爪はフェノール法による手術、巻き爪はワイヤーによる矯正(月曜日)を行っています。

専門外来

耳の先天異常:埋没耳に対し独自の矯正用装具による治療を月曜日の高橋元医師が行っています。耳介の変形は気になったら、生後すぐに一度相談に来てください。装具による治療効果は時期が大きく関係します。

再建外来

乳がん後の乳房再建術、顔面神経麻痺後の修正などを行っています。

医師紹介

常勤医

平野 由美
■役職:医長
■出身大学:東京女子医科大学(平成14年卒)
■得意分野:手足の先天異常、形成外科一般、やけど
■所属学会:日本形成外科学会、日本熱傷学会、日本レーザー医学会、日本創傷外科学会、日本褥瘡学会
■指導医・専門医等:日本形成外科学会専門医・指導医、日本熱傷学会専門医、日本レーザー医学会専門医、日本創傷外科学会専門医

非常勤医

野﨑 幹弘
(顧問、東京女子医科大学病院 名誉教授)
高橋 元
(春秋園 施設長)
櫻井 裕之
(東京女子医科大学院 教授)
井砂 司
(東京女子医科大学東医療センター 教授)
飯塚 千佳
■出身大学:東京女子医科大学(平成31年卒)

各診療科のご案内TOP総合診療科血液内科消化器内科循環器科腎臓内科泌尿器科総合外科・消化器外科整形外科脳神経外科形成外科小児科眼科神経内科耳鼻咽喉科歯科口腔外科皮膚科糖尿病・代謝内科下肢静脈瘤レーザー治療救急医療科麻酔科放射線科健診センター産婦人科

Copyright 2020 Medical Corp. Jojinkai. All rights reserved.