ホーム > > 救急医療科

救急医療科

「救急医療科」のご案内

2019年5月より「救急医療科」を開設しました。

病院理念のひとつでもあります「救急医療」のより一層の充実が図られることになります。
当院の救急医療は、これまでも地域の中核病院として、24時間365日年間約3000台の救急車搬送の受入を最善の努力で行って参りました。
この度、救急医2名が常勤で就任したことにより、「救急・外傷センター」を設置し、より一層の救急医療の充実が図られるとともに地域の皆様への貢献として、災害医療にも取り組んでいく覚悟でございます。
今後とも、地域の中核病院として皆様の安心と安全のため、救急医療に尽力いたしますので、よろしくお願い申し上げます。
                                   2019年6月 病院長
                                   

救急医療科の診療について

1・診療方針
救急医療科は令和元年5月に開設、診療を開始致しました。
当科は救急指導医1名、救急専門医1名の常勤医を中心に、その他非常勤救急医3名にて、昼夜を問わず「断らない救急」をモットーに診療に取り組んでおります。当院は2次救急病院を標榜しておりますが、全スタッフが救命救急センターでの勤務経験者であり、その経験を活かし、軽症の1次疾患から最重症疾患である3次疾患に至るまで受け入れる、地域の中心的救急病院を担うことを目指しております。県内では救命救急センター以外、救急科を単独で標榜する施設はほとんどなく、HCU(集中治療室)10床を有し、高度な救急医療と集中治療を実践しております。また、日中のみならず夜間も各科オンコール体制を敷いており、24時間365日高度な検査(一部除く)と緊急手術も対応可能になっております。
当科医師は早期退院を目指した低侵襲手術(腹腔鏡、胸腔鏡手術)も得意としており、他科と協力し、外傷、気胸ならびに急性腹症の手術対応も行っております。さらに救急診療業務にとどまらず、地域災害の対策と教育指導、救急救命士/救急隊員に対し、病院前救護体制の実践的指示、検証、教育、off job trainingなどを通じて地域救急医療体制の向上にも努め、実践しております。
当科は地域のニーズ、社会変化に柔軟に対応できるべく、より質の高い救急医療の提供が維持できるようスタッフ共々一丸となって努力してまいります。

2・対象となる疾患
基本的には軽度から最重症に至る救急疾患でありますが、主な疾患は以下であります。
 ①意識障害:脳血管障害、代謝性障害など
 ②急性呼吸不全、慢性呼吸不全の急性増悪
 ③急性循環不全:ショック状態、急性心筋梗塞、狭心症、心不全、不整脈など
 ④外傷:交通事故、転倒等による外傷から多発外傷まで
 ⑤特殊感染症:各種感染症から多臓器不全に至る敗血症まで
 ⑥急性中毒:急性薬物中毒、農薬、ガス中毒まで
 ⑦急性消化管疾患:急性腹症、消化管出血など
 ⑧環境障害:(熱中症、低体温症など)
 ⑨心肺停止:目撃のある心肺停止から蘇生後患者まで
 ⑩その他:熱傷、電撃症、溺水など

3・診療体制
24時間体制で常勤救急医を中心に初療を行い、各専門科医師と連携を取りながら入院管理を行います。また、複数診療科にまたがる疾患に関しましては各科同時に集学的加療を実践致しております。さらに、重症救急疾患に関しましては救急医療科医師が、引き続き入院管理を行っております。当院では、医師・看護師・薬剤師・放射線技師・検査技師・臨床工学技師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ケースワーカー・栄養士および事務職員など、病院の全総力を結集し、チーム医療を目指しています。

4・診療実績(2018年度、2017年度、2016年度)
救急車搬送数(人)・・・3012人、2975人、3018人
うち、入院数(人)・・・1454人、1505人、1465人
      入院率・・・48.3%、50.6%、48.5%

医師紹介

常勤医

佐藤 孝幸
■役職:救急・外傷センター長 兼 救急医療科部長
■出身大学:長崎大学歯学部(1992年卒)、山口大学医学部(2006年卒)
■経歴:東京女子医科大学東医療センター 救急医療科 医局長、東京女子医科大学東医療センター 救急医療科 講師
■資格等:医学博士、歯学博士、日本救急医学会 救急科専門医、日本口腔外科学会口腔外科専門医、臨床研修指導医、日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本DMAT隊員、日本救急医学会関東地方会幹事、ICLSコースディレクター・インストラクター、MCLSインストラクター
出口 善純
■役職:集中治療部長
■出身大学:奈良県立医科大学(1996年卒)
■経歴:東京女子医科大学東医療センター 救急医療科 講師、東京女子医科大学東医療センター 救急医療科 救命救急センター副センター長
■資格等:日本救急医学会指導医・救急科専門医、日本腹部救急医学会認定医、日本外科学会専門医、日本臨床救急医学会評議員、日本救急医学会関東地方会幹事、JICA国際救急援助隊(JDR)登録医、ICD(インフェクションコントロールドクター)、エマルゴシニアインストラクター、ICLSディレクター、MCLS世話人、臨床研修指導医


▲このページの上へ