ホーム > > 脳神経外科

脳神経外科

診療科からのお知らせ

脳卒中(クモ膜下出血、脳梗塞、脳内出血)、頭部外傷や脳腫瘍の患者さんを診る科です。

診療内容・特色

脳神経外科では、地域の病院と連携を密にし、脳卒中(クモ膜下出血、脳梗塞、脳内出血)の急性期治療行っております。特に脳梗塞発症3時間以内であればtPAを用いた血栓溶解療法も行っています。
 頭部外傷(頭蓋骨骨折、脳挫傷、急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫)の患者の急性期治療を行うとともに、脳腫瘍にも力を入れています。24時間体制でCT検査を行い、必要時はMRI、脳血管造影も行っています。
緊急手術例も多く、外来受診時から検査、入院、手術、HCUでの術後管理がスムースに行われるようにしています。

 脳卒中の急性期治療とともに、発症日もしくは翌日にリハビリテーション科へ依頼し、早期にリハビリを開始しています。脳卒中の急性期治療が終了しリハビリテーションが必要な方には、脳卒中地域連携パスによるスムースな回復期リハビリテーション病院へ紹介しております。また、ケースワーカーによる療養型病院、施設などの紹介も行っております。 

 脳腫瘍では主に髄膜腫、神経鞘腫、下垂体腺腫などの良性腫瘍の外科的治療を行っております。手術中は神経生理モニタリング下に神経機能の温存を重要視するとともに、腫瘍自体は可能な限り摘出するようにしています。手術後に放射線治療が必要な場合は、放射線治療可能な施設に紹介しています。

 血管内治療は、年々増加しており東京女子医科大学の専門医の協力の下に行っております。脳動脈瘤へのコイル塞栓術、脳動静脈奇形や脳腫瘍術前の栄養血管に対する塞栓術などがあり、特に頚部内頚動脈狭窄症ではステント留置術を第一選択としています。
 定位放射線治療が有効な脳動静脈奇形、転移性脳腫瘍等に対し、ガンマナイフ治療を行っている施設へ紹介しています。

一般社団法人National Clinical Database (NCD)の手術・治療情報データベース事業への参加について

医師紹介

常勤医

松岡 剛
■役職:脳神経外科部長
■資格等:医学博士、日本脳神経外科学会専門医および指導医、日本脳卒中学会専門医
■所属学会:脳神経外科学会、脳卒中学会、脳卒中の外科学会、頭蓋底外科学会、脳腫瘍の外科学会、整容脳神経外科学会、脳神経外科手術と機器学会、間脳下垂体外科学会
■担当外来:月曜日、金曜日(いずれも午前)
■経歴:早稲田大学法学部を中退後、医学の道へ。医学部卒後、国立病院機構横浜医療センターにて初期研修を開始。頭蓋底外科で著名な藤津和彦医師とそのチームの医師らに師事し、脳神経外科の道を選択した。初期研修終了後は東京女子医科大学の脳神経外科に入局し、血管外科の大家である岡田芳和教授(当時、現聖路加国際病院特別顧問)の元で顕微鏡手術の研鑽を積んだ。脳神経外科専門医を取得後、2014年に一度目の牛久愛和総合病院へ出向した。2015年に新百合ヶ丘総合病院へ出向・異動となった。ここで、福島孝徳教授(カロライナ頭蓋底手術センター所長/デューク大学脳神経外科教授、東京脳神経センター病院 福島孝徳脳神経センター 最高顧問)、堀智勝医師(元女子医科大学脳神経外科教授、森山記念病院名誉院長)、大橋元一郎医師(現晃友脳神経外科眼科病院院長)、野中洋一医師(現東海大学脳神経外科准教授)らに師事し、頭蓋底を中心とした脳腫瘍、血管障害、顔面けいれんや三叉神経痛に対する微小血管減圧術、てんかんの外科治療に従事した。東京女子医科大学に帰局後は川俣貴一教授・講座主任、山口浩司医師や石川達也医師らの元で良性脳腫瘍および血管障害の日本トップクラスの外科治療に従事した。髄膜腫手術件数は70-80件/年と国内でも飛びぬけて多く、他にも、聴神経腫瘍、類上皮腫、頭蓋咽頭腫、下垂体腺腫、未破裂脳動脈瘤、バイパス術、顔面けいれん、三叉神経痛、動静脈奇形など多くの疾患を、約5年間の間に執刀医ないし助手として携わった。同時に、福島孝徳教授が日本で執刀される手術の助手と見学に積極的に参加させて頂き、研鑽を積んだ。2020年1月には、頭蓋底外科の世界的名医であるSébastien Froelich教授の手術を学ぶべくフランス、パリのLariboisière病院で2週間の手術研修を行った。2020年4月に異動以降も、東京女子医科大学では月に一度の良性脳腫瘍外来を担当し、1-3か月ごとに福島孝徳教授の手術助手を通して研鑽を積みながら、牛久愛和総合病院において診療を行っている。
■最近の学会活動:
1. 2018(H30)年3月9日、良性脳腫瘍と静脈血栓塞栓症 -術前評価について-、第47回新都市血栓止血研究会、東京
2. 2018(H30)年3月16日、II16卒外P-014-8 致死率の高い稀な出血: 出血発症の髄膜腫、第47回脳卒中の外科学会、福岡
3. 2018(H30)年4月14日 O16-2側脳室三角部腫瘍への手術戦略、第27回脳神経外科と機器学会(CNTT)、奈良
4. 2018(H30)年7月12日 C3-5 硬膜内からMastoid antrumに進展する腫瘤が原因で髄液鼻漏と髄膜炎を繰り返した神経線維腫症I型の一例、第30回頭蓋底の外科学会、東京(東京ドームホテル)
5. 2018(H30)年9月14日 O1-2 側脳室三角部腫瘍へのHigh parietal approach、第23回脳腫瘍の外科学会、口演、和歌山(和歌山県立文化会館)
6. 2018(H30)年10月11日 DP048-03無症候性側脳室三角部腫瘍の治療、第77回脳神経外科学会、 学術総会、仙台(仙台国際センター)
7. 2019(H31)年4月13日 傍矢状静脈洞髄膜種摘出のための皮切・閉創、第12回日本整容脳神経外科学会(JSAN2019)、一般公演、岡山
8. 2019(R1)年7月12日 How I did it! 手術適応から合併症まで2 H2-6 錐体部髄膜腫摘出のためのひと工夫: Horizontal fissure開放の有用性、第31回日本頭蓋底外科学会、神戸(ANAクラウンプラザホテル神戸)
9. 2019(R1)年9月14日 メイントピックス4 頭蓋底髄膜種治療の現状と今後の展望MT4-3 Retrosigmoid approachによる後頭蓋窩髄膜腫の治療、一般公演、第24回日本脳腫瘍の外科学会、浜松(アクトシティ浜松)
10. 2019(R1)年10月11日 3O3-O071-04 頭蓋底外科手術のpros and cons:Retrosigmoid approachによる後頭蓋窩髄膜腫の治療 日本脳神経外科学会 第78回学術総会、大阪(大阪国際会議場)
■最近の執筆活動(原著):
1. Ultrarapid evaluation of meningioma malignancy by intraoperative flow cytometry. Matsuoka G, Eguchi S, Anami H, Ishikawa T, Yamaguchi K, Nitta M, Muragaki Y, Kawamata T, World Neurosurg. 2018 Aug 22. pii: S1878-8750(18)31867-9. doi: 10.1016/j.wneu.2018.08.084
2. 【日常診察でよく目にする脳外科疾患(I)】 脳神経外科で扱う良性脳腫瘍(解説/特集), 松岡 剛, 江口 盛一郎, 川俣 貴一, 医学と薬学 (0389-3898)75巻10号 Page1153-1162(2018.09)
3. Treatment Strategy for Recurrent Hemorrhage from Meningioma: Case Report and Literature Review. Matsuoka G, Eguchi S, Ryu B, Tominaga T, Ishikawa T, Yamaguchi K, Kawamata T. World Neurosurg. 2019 Jan 5. pii: S1878-8750(18)32947-4
4. 三角部腫瘍に対するHigh parietal paramedian approach--Technical nuances and Case review. 松岡 剛, 田村 学, 川俣 貴一 No Shinkei Geka. 2019 Oct;47(10):1053-1058. doi: 10.11477/mf.1436204073.
■最近の執筆活動(共著):
1. Long-term outcomes following thrombectomy for acute ischemic stroke in patients with a left ventricular assist device: a case series and literature review. Ryu B, Ishikawa T, Yamaguchi K, Matsuoka G, Eguchi S, Kawamata T. Acta Neurochir (Wien). 2018 Sep;160(9):1729-1735. doi: 10.1007/s00701-018-3635-4. Epub 2018 Jul 31.
2. Predicting the Occurrence of Hemorrhagic Cerebral Hyperperfusion Syndrome Using Regional Cerebral Blood Flow After Direct Bypass Surgery in Patients with Moyamoya Disease. Ishikawa T, Yamaguchi K, Kawashima A, Funatsu T, Eguchi S, Matsuoka G, Nomura S, Kawamata T. World Neurosurg. 2018 Aug 6. pii: S1878-8750(18)31738-8. doi: 10.1016/j.wneu.2018.07.258.
3. Decompression by cutting the tentorium for trigeminal neuralgia caused by vertebrobasilar dolichoectasia. Arai T, Yamaguchi K, Ishikawa T, Okada Y, Matsuoka G, Omura Y, Kawamata T. World Neurosurg. 2018 Aug 8. pii: S1878-8750(18)31772-8. doi: 10.1016/j.wneu.2018.07.282
4. 長期機能予後からみた頭蓋咽頭腫に対する外科治療戦略(原著論文). 川俣 貴一, 天野 耕作, 松岡 剛, 江口 盛一郎, 藍原 康雄, 日本内分泌学会雑誌 (0029-0661)94巻Suppl.HPT Page5-6(2018.09)
5. Direct double bypass using the posterior auricular artery as initial surgery for moyamoya disease: technical note. Kurihara H, Yamaguchi K, Ishikawa T, Funatsu T, Matsuoka G, Omura Y, Okada Y, Kawamata T. J Neurosurg. 2019 Aug 23:1-4. doi: 10.3171/2019.5.JNS19173
郡山 峻一
■役職:医長
■出身大学:京都府立医科大学
竹下 幹彦
■出身大学:金沢大学(昭和53年卒)
■得意分野:脳動脈瘤・脳動静脈奇形・脳内出血等の脳卒中外科治療、頭痛、良性脳腫瘍の外科治療
■所属学会:日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本脳卒中外科学会
■指導医・専門医等:日本脳神経外科学会指導医・専門医、日本脳卒中学会専門医

非常勤医

新田 雅之
■出身大学:熊本大学

各診療科のご案内TOP総合診療血液内科消化器内科循環器科腎臓内科総合外科整形外科
脳神経外科形成外科泌尿器科小児科眼科皮膚科歯科口腔外科

▲このページの上へ