ホーム > 生活習慣病センター

生活習慣病センター

生活習慣病センターのご案内

今注目の生活習慣病を減らして皆様の御健康をお守りすることは、21世紀医療の大きな目標の1つです。生活習慣病には高血圧、糖尿病、脂質異常、脳血管障害、虚血性心疾患、痛風などがあります。

本院の生活習慣病センターは生活習慣病対策に貢献するべく設立されました。
高齢入院患者は高齢期疾患とともに生活習慣病を併せ持っております。そこで本院の療養型病床、障害者病床の入院患者を生活習慣病センターが受持ち、老年医学の実践も行っております。本院は日本老年医学会の認定施設です。

高血圧診療は日本高血圧学会の指導医を中心に行われ、本院は高血圧学会の認定施設です。

糖尿病診療は医師、栄養士、看護師が協力しながら行なっています。

最近生活習慣病の血管障害との関連で注目されている慢性腎臓病や高尿酸血症の診療も行っています。

担当医紹介

外来担当医の紹介です。
こちらをご覧下さい。

受付時間

  • 午前8時30分〜11時00分

診療時間

  • 午前9時〜12時

外来診療担当表

内科 鈴木 斉田 児玉 斉田 児玉
皮膚科 - 大賀 - 大賀 -
整形外科 勝本 勝本 勝本 勝本 -
  • 外来診察は予約を除き、午前中のみとなっております。
  • 医師不在の場合は担当医を変更することがあります。
  • 緊急時を除き土日祭日の診療は行っておりません。

学会活動・学術業績関連

●当院内科(生活習慣病センター)の斉田光彦医師が、第33回日本高血圧学会(10月15~17日福岡開催)で発表した内容の記事です。
⇒詳細はこちらをご覧下さい。

●当院内科(生活習慣病センター)の斉田光彦医師が、第1回臨床高血圧フォーラム(2012/05/12,13 大阪)で
 ポスター優秀賞を受賞しました。

賞状

●当院内科(生活習慣病センター)の斉田光彦医師が、第55回日本腎臓学会学術総会(2012/06/1,2,3 神奈川)で優秀演題賞を受賞しました。

賞状

●当院内科(生活習慣病センター)の斉田光彦医師が、第35回日本高血圧学会総会で発表の記事がインターネットジャーナルに掲載されました。

●当院内科(生活習慣病センター)の斉田光彦医師が、第36回日本高血圧学会総会(2013/10/24~26大阪)で高得点演題に選定されました。

●当院内科(生活習慣病センター)の斉田光彦医師が、第8回臨床高血圧フォーラム(2019/5/11~12福岡)で実地医療優秀賞を受賞しました。

賞状

●当院内科(生活習慣病センター)の斉田光彦医師の論文が、医学雑誌に掲載されました。

    

雑誌名:痛風と核酸代謝42巻1号2018年

    

種別 :日本語原著論文

    

掲載様式:電子版のみ(紙媒体なし)

「尿酸と核酸代謝」のページを見る

    

掲載箇所:原著5、p41-50

    

表題 :腎症合併高血圧においてシルニジピンが血清尿酸値を減少させる要件

▲このページの上へ