ホーム > 新着情報 > 禁煙外来を開始しました。

禁煙外来を開始しました。

平成27年11月30日より禁煙治療を開始いたしました。

kinen.jpg

予約制となっておりますので、詳細は予約センターまでご連絡くださるようお願い致します。

■予約センター

  • 電話:029-870-5525
  • 受付時間(月~土曜日)
    9:00~16:00

禁煙外来の紹介

2006年から3ヶ月という期間を区切って、保険での『禁煙治療』が認められています。保険適応の基準は次の3つですが、精神疾患のある方は主治医と相談することが必要です。

(1)ニコチン依存症に係わるスクリーニングテスト(TDS)表(下記に質問表があります)の採点が5点以上でニコチン依存症と診断される事。

(2)ブリンクマン指数(=1日の禁煙本数×喫煙年数)が200以上である事。

(3)直ちに禁煙することを希望し「禁煙のための標準手順書」に則った禁煙治療(12週間にわたり計5回の禁煙治療を行うプログラム)について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意している事。
(3)を解りやすく言うと、「潔く禁煙する覚悟」があり、3ヶ月間で5回の外来診療を受けるため、『禁煙宣言書』を書けるという事です。

以上(1)~(3)すべての基準をクリアした方が保険適応の対象となります。
禁煙治療』の内容は、診療の度に呼気一酸化炭素濃度を測定し、治療薬を処方いたします。保険治療薬は次の2種類から選んでいただきます。

  1. ニコチネルTTS(貼付薬のニコチンパッチ)
  2. チャンピックス(内服の脳内のニコチン受容体の部分的作動薬)

1.のニコチンパッチの長所は薬剤費がやや安い事。短所は皮膚の発赤や痒み、不眠に悩む方が多い事です。
2.の内服薬の長所は、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くする他、タバコをおいしいと感じにくくするため、これまでの禁煙を途中で断念してしまった人でも、禁煙を続けやすく、ニコチンパッチより禁煙成功率が30%ほど高い事。
短所は、内服開始1~2週に軽い吐き気がある事。頭痛、便秘、不眠、異夢、おなかが張る事もありますが、それでも薬の量を調節したり、対症療法で乗り切れることが多いです。

受診をする前に、まず(1)、(2)、(3)を満たしていることを確認し、受診予約を取って来院してください。

■予約センター

電話:029-870-5525
受付時間(月~土曜日)
9:00~16:00

▼ニコチン依存症に係わるスクリーニングテスト(TDS)表(質問表)は下記よりダウンロードして下さい。

ニコチン依存症管理表(保険適用)質問表

▲このページの上へ