ホーム > 新着情報 > からだ情報館にステンドグラスを設置しました

からだ情報館にステンドグラスを設置しました

平成27年3月当院からだ情報館(C館1階)においてステンドグラスを設置しました。
日中と夜で雰囲気が変化しますので、ぜひご笑覧を供にしてください。

室内から見た場合(日中)
uRd9P01UCtE5ptC1426677924.jpg

屋外から見た場合(夜)
SnfxA2tzVtTWSsm1426678036.jpg


Uso842OLqNtCbKx1426679787.jpg

~寄贈者からのコメント~
私は絵を見ることが好きで、絵画展などに良く出かけます。30年ほど前に斬新な手法で描かれたアジア調の絵画に遭遇し、魅了されました。
中国出身の丁 紹光(ティンシャオクワン)画伯の作でした。その後数回直接お話する機会もあり、謙虚な人柄にも魅かれました。丁画伯は世界で最も有名な中国の画伯の一人であり、北京人民大会堂の大壁画その他多くの記念すべき公共施設の壁画を手がけて来ています。10年程前にステンドグラスに加工された丁画伯の絵を発見しました。制作者である臼井定一氏(ステンドグラスバロック社長)に伺うと丁画伯が臼井氏の技術を認め、世界で唯一ステンドグラスとして加工することを許されたとのことでした。
今回の原画は国連公認アーチストとして国際家族年に描かれたものであり、世界に一つしか存在しません。制作に半年掛かりました。全く私の個人的な好みでありますが皆様にも見て頂きたく寄贈させて頂きました。

 髙﨑 健

▲このページの上へ