ホーム > 一般向けの情報 患者支援・相談部門 > 医療福祉相談室のご案内

医療福祉相談室のご案内

医療福祉相談室の業務内容は、病気やけがによって起こる経済的、社会的、心理的な問題について相談をお受けし、社会福祉の立場から、その問題解決のお手伝いをいたします。

どんな人が相談にのってくれるんですか?

ご相談をお受けするのは、メディカル・ソーシャル・ワーカー(略:MSW)です。

社会福祉系の大学等で社会福祉関係の知識を身につけた社会福祉士です。
MSWは、お受けした相談は、秘密厳守いたします。 ご相談は来所またはお電話下さい。

どのような相談にのってくれるの?

  1. 医療費など、療養生活が長期になりそうで、その支払いが心配です。
  2. 主治医から退院を勧められたが、後遺症や障害があり退院後、自宅での生活が心配です。
  3. 医療費の負担が多いため、負担が軽くなる制度はありませんか。
  4. 他の医療機関や福祉施設等の情報を知りたい。
  5. 種々の手当や社会福祉関係の制度やサービスについて教えて下さい。
  6. 入院を勧められたが、家族のことが心配です。(育児・高齢者の世話など)
  7. 誰も相談出来る人がいず、どうしたらいいかわからない。

相談にのってくれる時間は?

日祭日を除く毎日、午前9時00分 ∼ 午後17時00分

相談料はいりますか?

原則無料です。

スタッフ

中根猛、仲内美咲、中川めぐみ、本間瑞希

相談員からのメッセージ

相談例には、比較的相談が多いものを列挙してみました。
もちろん,この他にも色々な相談が持ち込まれます。

しかし、持ち込まれた問題全てを患者さん・ご家族のご期待通りに解決できない場合もございます。
また、私たちは患者さんやご家族の代理人ではありませんので、すべてをもって問題解決を代行することはできません。
これは、患者さん、ご家族自身に解決していく力を持って頂きたいという考えからです。

入院・外来を問わず、療養していく中で、お困りになった事の問題解決を患者さん・ご家族と一緒に考え、 サポートしていきたいと考えています。どうぞご遠慮なく 私達にご相談下さい。

連絡先

お電話:029-873-3111 (病院代表)

場所:医療福祉相談室はA館1階にございます。

◎相談内容の秘密は固くお守りします。お気軽にお尋ね下さい。

▲このページの上へ