ホーム > > 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

診療科からのお知らせ

耳鼻咽喉科は耳、鼻、副鼻腔、口腔(舌、頬粘膜、歯肉など)、咽頭(扁桃、アデノイドなど)、喉頭(声帯ポリープ、喉頭蓋嚢胞など)、頸部(甲状腺、耳下腺、顎下腺など)の領域を担当しています。
聴覚や平衡感覚、味覚、嗅覚などの感覚器の領域でもあり、嚥下や呼吸などにも関連しています。
したがって、これらに何らかの障害がありますと日常生活にかなり影響を与えることがあります。
疾患によっては、早期に治療を行わないと回復が困難なものもあり、症状がある場合はなるべく早めの受診をお勧めします。
検査では聴力検査を始めCTやMRIも完備されており、随時検査が可能です。
また、当院では手術をふくめて入院での加療も対応しておりますが、人員の問題もあり疾患によっては、より専門的な病院へご紹介しております。

 

診療内容・特色

■耳の病気
外耳炎、中耳炎などの炎症性疾患、突発性難聴などの難聴を起こす疾患、メニエール病などめまいを起こす疾患を診断・治療します。
顔面神経麻痺も耳鼻科が主体となって治療し通院リハビリもおこないます。
慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、外耳道真珠腫などの手術をおこなっており、病態に応じて内視鏡を用いた侵襲の少ない手術が可能です。
聴性脳幹反応(ABR)などの検査も可能です。
■鼻の病気
アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症などの疾患を治療し、手術も行います。
好酸球性副鼻腔炎の難病指定が可能で、重症度によって医療費助成を受けることができます。
アレルギー性鼻炎にはトリクロール酢酸による粘膜焼灼術も行います。
■のどの病気
扁桃炎、咽頭炎などの治療を行います。
食事が取れないような重度な炎症の場合、入院による加療も行います。
慢性扁桃炎や扁桃肥大、声帯ポリープ、喉頭蓋嚢胞などでは手術治療にも対応します。
■腫瘍
甲状腺、耳下線、顎下線などの良性腫瘍、唾石症などの手術を行いますが、悪性腫瘍の場合は人員の問題もあり専門病院へご紹介します。

医師紹介

伊藤 昭彦
■役職:部長
■出身大学:北里大学(平成9年卒)
■得意分野:耳性めまい、平衡障害、扁桃疾患
■所属学会:日本耳鼻咽喉科学会
■指導医・専門医等:日本耳鼻咽喉科学会専門医
■メッセージ:わかりやすく説明するように心がけています。お気軽に相談下さい。
中村 祐子
■役職:一般
■出身大学:浜松医科大学(平成20年卒)
■得意分野:鼻副鼻腔疾患、中耳疾患
■所属学会:日本耳鼻咽喉科学会
■指導医・専門医等:日本耳鼻咽喉科学会専門医
■メッセージ:患者さんの症状を改善させて、生活の質を上げられる治療をしたいと思っています。

▲このページの上へ