開放型病床のご案内

開放型病床をご利用いただくにあたり原則として、協定を交わしている医師会所属の先生方に限ります。
ご利用いただく為には、登録医になる必要があります。

開放型病床とは

当院の施設、機能の開放の一環として、病床の一部を診療所のかかりつけの先生に開放し、
当院の医師と共同して診療を行うものです。
当院では、開放型病床を5床設置しております。

登録医について

開放型病床の利用・共同診療を行う際には、当院の登録医になっていただく必要があります。
また、共同診療の際に開業医の先生側で開放型共同指導料が算定できます。
登録医のお申込みについて地域連携室までご連絡下さい。

患者さんの利点

  1. 牛久愛和総合病院へ優先で入院できます。
  2. 入院中は病院医と登録医と共同で診療が行われ、高度の医療(検査・手術・X線撮影等)が受けられます。
  3. 退院されてからも、登録医と共同で継続的な診療が受けれます。
  4. 普段から診療してもらっている先生の顔を見ることができるので安心です。

このように『開放型病床』は、病気の治療に一番大切な『治療の一貫性と継続性』が実行できる、
患者さんにとって利点の多いシステムです。

診療報酬

病院医と登録医が共同で診療・指導を行った場合に登録医が算定できる点数。
開放型病床共同指導料(Ⅰ)
350点/1回(1日につき)
退院時共同指導料(Ⅰ)     
在宅療養支援診療所は1000点
上記以外は600点

開放型病床のご利用

開放型病床をご利用される場合は、事前の登録が必要となります。ご希望される先生は、
当院の地域連携室までご連絡下さい。

お問合せ
牛久愛和総合病院 地域連携室
TEL:029-870-5150(直通) FAX:029-873-8359(直通)

開放型登録医一覧

開放型登録医一覧をご覧下さい。

▲このページの上へ