TEL アクセス お問い合わせ

病院長挨拶

 皆様、こんにちは、2018年4月より高知総合リハビリテーション病院の院長を拝命しております小川 恭弘(おがわ やすひろ)です。当院のホームページをご覧になって戴きまして、誠に有難うございます。

 当院は高知市の中心からやや北東部に位置し、2003年の名称変更以来、最良の慢性期医療と介護の提供を目指して地域の方々とともに歩んでまいりました。

 当院は2018年11月に、高知県初の医療機関併設型介護医療院として「高知総合リハビリテーション病院介護医療院(定員53名)」を新館2階、新館3階に開設し、2020年7月には新館4階(定員26名)を医療療養病床から新たに介護医療院へ転換し、これにより新館全体が定員79名の介護医療院となりました。

 本館につきましては、従来通り3階、4階は一般病床(障害者病床)として計88床、5階、6階は医療療養病床として計88床の合計176床となっております。
 以上のように当院は慢性期医療と介護療養の機能が一体となった合計255床の地域多機能型医療・介護施設として今日に至っております。

 医師や看護師をはじめ私達職員一同、患者さんとご家族の尊いご意志をサポートいたします。

 日常生活動作の向上、身体の機能回復のための設備を充実させ、明るく広々としたリハビリテーションセンターでは専門のスタッフが患者様の運動機能訓練等をおこなっております。

 地域の急性期病院や介護施設と緊密に連携しながら、患者さんやご家族へ、また地域社会への貢献を職員一人ひとりが常に最重要視する姿勢を持ち続けます。
 皆様から信頼され必要とされる慢性期病院と介護医療院として存続し続けるように、より一層の努力をしてまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

          高知総合リハビリテーション病院 院長 小川 恭弘

Copyright 2020 Medical Corp. Seiryokukai. All rights reserved.