教育プログラム

教育方針・目的・研修内容

教育方針

  • 看護部の理念に基づいて個々の看護師が専門職業人としての自覚を深め、患者様中心の看護を提供できる。
  • 臨床実験能力、リーダーシップ能力を向上できる看護師を育成する。

教育の目的

  • 組織及びチーム内において目的の役割を遂行し、患者様個々への適切な看護が実施できる看護師の育成。
  • 看護師一人一人が主体的な学習行動が取れるようにする。
  • 看護師としての自覚をしっかり持ち、常にモチベーションを維持できるようにする。
  • 問題点に対し、対応できる能力の育成。

教育委員会による研修内容

院内教育のページをご覧下さい。

年間スケジュール

新人教育の年間スケジュール
内容 具体的内容
4月 1.病院の特徴を把握する
2.病棟の特徴を把握する
  1. 病院オリエンテーション
  2. 看護方式
  3. 患者様に関するデータ
  4. 備品・消耗品の配置場所
3.業務内容を把握する
  1. 実際の看護実践を通して指導を行う新人チェックリストに基づいて行う(見学・指導者と実施・1人で実施)
  2. 時間配分(効率よく業務が行う為のアドバイス)処置・検査等抜かりがないようにする為のアドバイスを行う(1日の流れを紙に書き、持ち歩く等)
  3. 経管栄養の管理(Pegを含む)
  4. 各種チューブ交換
  5. 入退院の手続き
4.受け持ち患者様病態を把握する
  1. 患者様の病態について自己学習してもらい提出してもらう(不足していることは指導する)
  2. 申送時等、Drからの内服・点滴・検査に対して、なぜそういった指摘が出ているのか患者の病態に関連づけて理解するように助言する
5.介護的業務が把握できる
  1. オムツの装着方法、体位交換、入浴介助、移乗等
5月 1.日勤業務が1人で行える
  1. 日勤業務を1人で行う(ペアになっているスタッフが必ず確認する)
  2. 解らないことは単独で行わないよう指導する
  3. 定期的に話し合いの場を持つ(プリセプティーとプリセプター師長、主任)
2.病棟での処置(IVH・Peg交換)の介助・看護が行える
  1. 必要物品の準備が出来る
  2. 手順が理解できる(1.2.は看護基準・手順のファイルを使用し説明する)
  3. 患者様に対する処置の必要性・処置中及び処置後の看護が理解できる
  4. 継続した観察を行える
3.担当患者様の看護計画の立案及び評価・修正ができる
  1. 1週間以内に初期計画が立案できる(看護基準を参考にする)
  2. 評価・修正を行うことで、個々の患者様に応じたケアプランを立案できる
  3. 最初はプリセプターと共同で受け持つ
  4. 他のスタッフの看護計画にも目を通し、参考にする
  5. ファミリーカンファレンスにプリセプターと共に参加する
4.早出・遅出業務を把握できる
  1. 業務の流れを把握する
6月 1.夜勤業務を把握できる
  1. プリセプターと事前に夜勤内容について話し合っておく
2.急変時の対応について把握できる
  1. 夜勤中の患者様の急変・その他災害時の対応方法に対する指摘
  2. 急変時の勉強会に参加する
3.レスピレーター使用時の看護を理解することができる
  1. レスピレーターの組み立てが理解できる(プリセプターと共に実践できる、説明書を使用)
  2. レスピレーター使用時の看護について、自己学習をしてもらう(不足している所は指導する)
4.モニター心電図の使用方法が理解できる
  1. 付け方、記録、機械操作を実施できる
  2. 12誘導がとれる
7月 ☆3ヶ月評価
1.夜勤業務ができる
  1. 初回は見習いで流れを把握する
8月∼9月 ☆3ヶ月評価
2.経験できていない項目をチェックし、経験できるようにする(新人チェックリストの項目
  1. チームの処置・検査でも実施できるようにグループのリーダーやプリセプターに相談し、実施できるようにする
10月 ☆6ヶ月評価
  1. 半年間で得た事、反省点等を話し合う事で、自己の振り返りができる
11月∼2月 1.実際の看護実践を通して知識・技術の向上が図れる
  1. 疑問点・理解できない事は、その都度自己学習し知識を身につけることができる
  2. 検査・処置に積極的に参加する事ができ、自分の介助に対する振り返りができる
3月 ☆1年評価
  1. 1年間の反省点等を話し合う事で、自己の振り返りができ来年度につなげる事ができる
  2. 2年目の目標設定
  3. 1年目症例発表をする

中途採用者看護教育プログラム

中途採用看護師とは、新卒看護師を除く当院に入職する看護師、准看護師である。

1.目的

  1. 中途採用看護師が、心身共に安定した状態で職場環境に適応できる。
  2. 中途採用看護師が当院のシステムやルールを理解できる。
  3. 中途採用看護師が経験のない看護技術を習得し、安心して業務の遂行ができる。

2.方針

  1. 分かりやすく丁寧なオリエンテーションを行う。
  2. 臨床現場での指導・教育はプリセプター及び師長、主任が責任をもって行う。
  3. 指導・教育は新職員チェックリストに基づき、スタッフ全員で協力して実践する。
  4. 個人に対応した、フォローアップを行う。
  5. 前病院との看護技術の相違については、基本に基づいた考えで、話し合いをする。

3.オリエンテーション

  • 入職前看護・・看護部長より配属部署の決定。部署案内。
  • 入職当目・・・配属部署の師長及び、主任が中途採用者教育プログラムに沿って実施する。

4.担当看護師による指導

中途採用看護師一人に対して、決められた指導担当看護師が、新職員チェックリストに沿って、指導・教育に当たる。

  • 指導担当看護師が不在の場合はフォロー看護師が代わって支援を行う。

5.業務の進行予定

1日目
オリエンテーション
  • 配属部署の紹介
  • 勤務体制 
  • 病棟内案内  
  • 業務の一目の流れ
  • 患者紹介
2日目以降
日勤業務がわかる。
  • サポート看護師を付ける
  • 受け持つ患者は少数から
  • 徐々に通常人数へ
CW(ケアワーカー)業務がわかる
  • オムツ交換の方法を知る
  • 便対応の方法を知る。各種ケア
看護実践ができる
  • 検温。
  • 異常時の報告・対応ができる
看護記録が書ける
  • SOAP記録方法の説明

◎看護実践については説明→見守り→自立の段階をとる。

2ヶ月目以降
看護実践について理解を深める
  • 看護計画立案
  • 担当患者様の決定
  • 合同カンファレンス参加
夜勤業務がわかる
  • 1名サポートを付けて夜勤。(1回のみ、指導担当看護師)
夜勤業務ができる -
3ヶ月目以降
部署内での業務が一人でできる
  • 初めは指導担当看護師、又はチームリーダーの支援を受ける

6.フォローアップ体制

1ケ月目・・・看護師長、主任による面談

2ケ月目・・・看護師長、主任により面談。それ以降は個人の能力により適宜面談

▲このページの上へ



医療法人社団 晴緑会 高知総合リハビリテーション病院 TEL(088)845-1641 高知市一宮南町1-10-15