ホーム > 春秋園だより > 平成30年7月 春秋園だより「愛和健康祭り作品展示・バザーについて」

平成30年7月 春秋園だより「愛和健康祭り作品展示・バザーについて」

2018年7月号①.JPG
愛和健康祭りで、春秋園利用者様の作品展示・バザーを行いました。

 春秋園では、リハビリやレクリエーションの一つとして、手作業を積極的に導入しています。指先や道具を使用して細かい作業をしたり、工程や出来上がりを想像しながら作ることで、心身の活性化を促せるからです。また、作品が形になる事で充実感や達成感を得ることができます。
そして、手作業をより効果的にする方法があります。それは、作品を他の人にほめてもらい、役立ててもらうことです。誰かの役に立つと感じられることが、利用者様の意欲やパワーにつながっていきます。

 最近、編み物をよくされている利用者様がこんな話をしてくださいました。「(私がいろいろなものを作るのは)ぼーっとしているのがもったいない、という気持ちもあるけれど、それ以上に、だれかにプレゼントして喜んでもらうのがうれしいの。受け取った人も喜ぶ、私もその人が喜んでくれたことを喜ぶ、WIN‐WINの関係だから好きなのよ」と。
お祭り当日は、作品作りに協力していただいた利用者様をご招待し、実際の雰囲気をみていただきました。お客様が作品をみて「素敵ですね」と笑顔になる、その様子をみた利用者様が照れ笑いをする、そんな利用者様をみて、スタッフも笑顔になる、そんな笑顔の連鎖が起こる素敵な一日になったと思います。

たくさんの方に来場いただき、ありがとうございました。

(春秋園リハビリスタッフ一同)

▲このページの上へ


医療法人社団 常仁会
介護老人保健施設 春秋園

〒300-1231
茨城県牛久市猪子町891-2
TEL 029-870-3100
FAX 029-870-3500