ホーム > 新着情報 > 平成30年3月 春秋園だより「レクリエーションについて」

平成30年3月 春秋園だより「レクリエーションについて」

2018年3月号②.JPG

 春秋園では、毎日集団体操とレクリエーションを実施しています。
 毎日午後、フロアに集合していただき、スタッフが声をかけながら一緒に行っていきます。

 まずは身体の各所を動かす体操。次に嚥下機能面に焦点を当てた口腔体操。その後に皆さんお楽しみのレクリエーションを行うのが基本プログラムとなっています。              
 体操では手足の先から胴体まで満遍なく動かします。筋力トレーニングのみならず、左右で別の動きをして脳を活性化するものや、排泄を促進する動作なども組み込まれています。
 口腔体操は、誤嚥性肺炎の予防を主目的としたものです。発声の他、舌や顎、首肩周りなど関連部位を動かしていきます。

 レクリエーションは娯楽性も含めた内容で、日替わり、もしくは数日連続で行ったりします。


 レクリエーションでは季節のものも取り入れています。
 2月は節分にちなみ、折り紙を鬼の形に折り、目鼻を書き入れた物を各お部屋に飾ったりもしました。また、季節行事として豆まき会も開催しました。
春秋園に現れた恐ろしい赤鬼、青鬼を、利用者の皆様に「鬼は外~!」と笑顔で追い払っていただきました。


 今後もご一緒に、楽しく体を動かしていきましょう!

(春秋園 入所スタッフ一同)

▲このページの上へ


医療法人社団 常仁会
介護老人保健施設 春秋園

〒300-1231
茨城県牛久市猪子町891-2
TEL 029-870-3100
FAX 029-870-3500