外来診療担当表: 女性泌尿器科

曜 日 午前担当の医師名 午後担当の医師名
月曜日
火曜日
水曜日 黄鼎文 黄鼎文
木曜日
金曜日
土曜日

お知らせ

女性泌尿器科は予約での診療が可能です。(電話予約センター:029-870-5525)

※女性泌尿器専門外来からのお知らせをアップしました。下記PDFよりご確認下さい。

女性泌尿器専門外来のお知らせ

女性のための泌尿器外来(女性泌尿器・ウロギネ外来)
尿漏れから解放され、トイレの悩みが解消し、楽しい生活を取り戻しましょう!

女性のための泌尿器専門医が少ないという現状があります。

泌尿器科といいますと、男性の科としてのイメージが強く、実際多くの泌尿器科医も男性の診察に慣れていますが、女性の診察に慣れていません。
しかしながら、女性を悩ませる泌尿器の症状も少なくないのです。特に女性ホルモンが更年期を迎えると減少していきます。その影響が徐々に現れ、骨盤底を弱めていきます。当然ほかにもいろいろな原因があります。一生の中で「妊娠・出産」、「便秘」「肥満」などが骨盤底を支える筋肉や靭帯を痛め、結果として、排尿のトラブルとして出てきます。
頻尿、膀胱部の不快感、陰部の下垂感、疲労感など、なんとなく「年のせい」にしがちなところがあります。恥ずかしいのもありますが、泌尿器の病気として認識されず、不安や心配を抱えながら、他人には言えない苦しい毎日を送っていることもしばしばあります。
重度の尿漏れや骨盤臓器脱に対し、根治療法として手術療法を選ぶことが多いですが、しかしながら、生活の質に関わる症状の改善はいきなり手術というより、個々の患者にあった治療法を提示し、保存療法や骨盤リハビリを選択することも少なくありません。症状と程度に応じ、治療法には様々な提案ができます。
悩んでいるおしもの症状がありましたら、まず相談していただければ幸いです。

《対象疾患》
過活動膀胱、腹圧性尿失禁、子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤、間質性膀胱炎

当院所属の黄医師が、日本間質性膀胱炎研究会の「診療に応じる医師リスト」に掲載されました。このリストは、間質性膀胱炎の診療を引き受けることができると意思表示し、ホームページへの掲載を了承した医師の氏名と勤務先です。

詳細は下記URLよりご確認下さい。
http://sicj.umin.jp/doctorlist/index.html

A館診療科(クリックすると各診療科へ移動できます)

B館診療科(クリックすると各診療科へ移動できます)

C館診療科(クリックすると各診療科へ移動できます)

▲このページの上へ




患者の権利病院の理念・基本方針個人情報保護方針カードのご利用について