2007年5月アーカイブ

Q1:奨学金制度はありますか?

A1:ございます。詳細については、「奨学金制度」のご案内のページをご覧下さい。

奨学金制度」のページを見る

Q2:勤務形態、勤務時間はどうなっていますか?

A2:4週8休と祝日は休みです。 勤務時間は週40時間です。勤務は2交代制となります。

日勤・・・8:30-17:00
夜勤・・・16:30-9:00(仮眠2時間)

Q3:休暇について教えて下さい。

A3:休暇には、年次有休休暇、特別休暇及び病気休暇があります。

  1. 年次有給休暇10日、1年目は3ヶ月を経過後(7月以降)からになります。
  2.  
  3. 病気休暇(負傷や疾病のために療養する必要がある場合)
    診断書の提出が必要となります。休暇中は無給となりますが、規定に基づく申請により、社会保険から傷病手当金が受けられます。
  4. 特別休暇
    • 有給(夏季・結婚・出産・忌引)
    • 無給(生理・産休・育児・介護) があります。

Q4:育児休業制度はありますか?

A4:法令に基づきあります。育児環境により最長で1年6ヶ月取得できます。

Q5:社会保険(補償)について教えて下さい。

A5:当然ながら、健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険に加入できます。 この他に、個人で看護賠償責任保険制度に加入しています(任意)。

Q6:インターンシップはありますか?

A6:現在実施中です。お問い合わせ下さい。

Q7:勤務先について教えて下さい。

A7:面接時にご希望を伺います。及び、病院見学を行いご希望と現状を確認して頂きます。 入職後は適時、声をかけさせて頂き適応状況を見守ります。 適応困難と感じられる場合は、相談の上、他部署への異動も考慮します。

Q8:看護宿舎はありますか?

A8:申し訳ありませんが、現在はありません。

Q9:卒後教育について心配ですが、プリセプター制度はありますか?

A9:あります。群細については「教育プログラム」「院内教育」のページをご覧下さい。

Q10:認定看護師等の資格取得支援体制はありますか?

A10:あります。看護の質向上の担い手として育成したい人材を考えます。認定の対象等制約はありますので相談をお受けしたいと思います。

Q11:職員はどのくらいいますか?

A11:常勤、非常勤を合わせて約400名のスタッフがおります。看護部スタッフだけでも約260人ほどになります。

[奨学金制度] どんな制度?

看護師になろうという方を対象に、学費や生活費のバックアップを行い、安心して勉強に励んでいただこうという制度です。 内容については看護奨学生制度のページを御覧下さい。

[奨学金制度] 返済はどうなっていますか?

奨学金は、学校卒業後に看護師として当院で「返済免除期間」を勤務していただければ返済の必要はありません。 「返済免除期間」は、支給を受けた奨学金の額にもとづき、次の式で求めた期間となります。また、期間は月数で計算します。
■返済免除期間(ケ月間)=奨学金支給総額÷6万円

【返済免除期間の計算例-1】
月額6万円コースの奨学金支給を年2回の6万円コース(年2回×36万円=72万円)で3年間受けた場合、支給総額は216万円(72万円×3年間)です。 返済免除期間は216万円÷6万円=36ケ月になり、36ケ月間当院で勤務して頂ければ返済の必要はありません。もちろん、返済免除期間満了後の継続勤務も大歓迎です!

[奨学金制度] 返済免除期間の途中で退職する場合は?

次の計算式で求めた金額をを退職日までに一括で返済して頂くことになります。
■一括返済額={(返済免除期間の月数)-(当院における看護師としての実勤務期間の月数)}×6万円

【一括返済額の計算例】
「返済免除期間」36ヶ月間(3年間)の方が、30ヶ月間(2年半)勤務し退職する場合。
(返済免除期間36ケ月-実勤務期間30ケ月)×6万円=36万円となり、退職日までに36万円を一括で返済いただくことになります。

[奨学金制度] 受給期間中に留年した場合は?

留年中奨学金は支給停止となります。ですが、翌年、無事に進級されますと奨学金の支給を再開いたします。

[奨学金制度] 奨学金を受けていると給与で一般の入職の方と差があると聞きましたが?

当院では、そのようなことは一切ありません。当院の場合、入職時の初任給ばかりでなく、昇給・昇給・賞与等の待遇条件は全て同じです。ご安心下さい。

[奨学金制度] 奨学金のメリットは?

【メリット1】
当院に勤務することが条件ではありますが、逆に言えば就職先が内定しているとも言えます。
つまり、就職活動をしなくて良い、就職活動に時間を取られず国家試験合格に向けた勉強に打ち込めるということです。 従って、将来、当院で働きたいと考えて下さる方には、大変利用価値のあるお勧めの制度です。

【メリット2】
通学中もサポートします。奨学金貸与者は、当院のスタッフの一員です。将来への相談、または夏休みなどを利用しての就業体験などいつでもあなたをサポートします。

尚、詳細な説明が必要な方は、ご遠慮なく連絡フォームからご連絡下さい。あなたの看護師になる夢を私達はサポートさせて頂きます。

このアーカイブについて

このページには、2007年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年2月です。

次のアーカイブは2007年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。