Q&A

当院で数多くの学生の方から頂いたご質問を掲載しています。

Q1:病院薬剤師は大学院を出ていないと入れないのでしょうか?

A:そのようなことはありません。学部卒の方を採用しております。 当院では、大学院卒の方もおりますが、大部分は学部卒者です。
とちらでも、スタートラインは同じです。

Q2:グループ病院がありますが、転勤はあるのですか?

A:基本的に本人が希望されない限り、転勤はありません。研修というかたちで、短期間グループ病院に出向はあります。その際の住居等は、すべて病院が支援いたします。気分転換にもなると思いますし、他の病院を見ることによって、自分自身の経験にもなります。

Q3:研修や勉強会などはありますか?

A:月に一度、薬剤センター対象の勉強会があります。その他、病院で行っている勉強会が月に何度かあり、院外の勉強会情報もその都度入ってきますので学ぶ事のできる機会は多いと思います。

Q4:当直業務があるようですが心配です。入職後直ぐになりますか?

A:当直業務は、入職後3ヶ月からになります。当直体制に入るまでに必要な業務が行えるよう教育プログラムが設けてあります。
当直という言葉を聞いて不安になられる方もおられると思いますが、得られる経験は大きなものになり、業務に自信がつきます。

Q5:採用試験の内容について教えてください。

A:面接、小論文(800字以内)での選考になりますが主に面接を重視しております。 小論文は当日にテーマをお知らせします。面接、小論文ともリラックスして自分の考えをありのまま出してください。 良い結果になると思います。

Q6:育児休業制度はありますか?

A:法令に基づきあります。育児環境により最長で1年6ヶ月取得できます。 病院全体で常時、20から30名の育児休暇者がおります。子育てをしながら勤務している薬剤師もおります。

Q7:社会保険(補償)について教えて下さい。

A:当然ながら、健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険に加入できます。

Q8:職員はどの位いますか?

A:常勤、非常勤を合わせて病院全体で800名以上のスタッフが居ります。薬剤センタースタッフは男性18名・女性17名・非常勤1名の36名になります。

Q9:薬剤師の宿舎はありますか?

A:あります。敷地内および病院から5分から10分ほどの場所にあります。アパート形式(1Kタイプ)のものになります。遠方で自宅からの通勤が不可能な方には最優先で必ず住居を確保しております。<

▲このページの上へ



牛久愛和総合病院薬剤センター TEL029-873-3111(病院代表) FAX 029-874-1031 牛久愛和総合病院B館1階