ホーム > > 糖尿病・代謝内科

糖尿病・代謝内科

診療科からのお知らせ

 糖尿病,脂質異常症,甲状腺機能異常症,下垂体機能異常症,副腎機能異常症,副甲状腺機能異常症,性腺機能異常など内分泌異常・代謝異常に対する診断・治療を行っています.疾患の特性上,血液検査・尿検査が必要となります.

糖尿病・糖代謝異常の方へ
外来が大変混雑しており,初診・再診ともに予約外来とさせていただいております.水曜日午後,金曜日午後が初診外来となります.予定転院の方,健診で3-6か月後の受診をすすめられている方は,早めに予約をお願いします.初診外来では紹介状または健診結果が必要となります.初診外来では管理栄養士による栄養指導,糖尿病療養指導士による生活指導もあわせて行います.御家族同伴の受診をお勧めします.緊急の場合には個別に対応いたします.
内分泌異常・代謝疾患の方へ
内分泌異常・代謝疾患についてもできるだけ事前予約をお願いします.当日受診の場合には,待ち時間が大変長くなります.緊急の場合には個別に対応いたします. ※御自身で緊急を要する状況かどうかわからない場合,病院までお問い合わせください.(お薬手帳,健診や以前の検査結果などを準備してからご連絡いただけるとスムーズです)

 

診療内容・特色

糖尿病診療について
 10代の小児から高齢者まで幅広く診療しています.糖尿病合併症や合併疾患のある方が多く,他科との連携により全身管理を行います.入院では糖尿病教育入院の他,糖尿病緊急症の受け入れを積極的に行っています.
病棟・外来ともに医師・糖尿病看護 認定看護師・糖尿病療養指導士(管理栄養士,薬剤師,検査技師)によるチーム医療を行っています.療養指導士によるフットケア外来も行っています.当院に産科は併設されていませんが,他院産科との連携により妊娠糖尿病の受け入れが可能,外来インスリン導入も行っています.里帰り出産までの管理にも対応します.小児慢性特定疾患(糖尿病)について対応可能です.
内分泌疾患について
 内分泌疾患は御自身で気づくことは難しく,特別な検査が必要となります.原因不明の体調不良では内分泌疾患を疑って検査することが必要となります.甲状腺機能異常症(バセドウ病や橋本病など),副甲状腺機能亢進症・低下症,副腎機能異常(クッシング病,原発性アルドステロン症,褐色細胞腫,原発性副腎不全,副腎性器症候群など),下垂体機能異常(末端巨大症,クッシング病,プロラクチノーマ,成人GH欠損症,ACTH単独欠損症,下垂体性腺機能低下症,尿崩症など)の診断治療を行います.2次性高血圧,2次性糖尿病の診断治療も行っています.
外科的治療が必要な場合には専門医に紹介しています.内分泌特定疾患について対応可能です.


医師紹介

常勤医

河邉 聡子
■役職:医長
■出身大学:筑波大学(平成9年卒)
■得意分野:糖尿病、甲状腺機能異常症、副腎機能異常症、下垂体機能異常症
■所属学会:日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本内科学会
■指導医・専門医等:日本糖尿病学会指導医・専門医、日本内分泌学会指導医・専門医、日本内科学会専門医
宜保 英彦
■役職:一般
■出身大学:昭和大学(平成19年卒)
■得意分野:糖尿病
■所属学会:日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本内科学会
■指導医・専門医等:日本内科学会認定医
尾本 美代子
■役職:一般
■出身大学:弘前大学(平成18年卒)
■所属学会:日本内科学会
■指導医・専門医等:日本内科学会認定医

非常勤医

 岩崎 祐子
■学会資格:日本糖尿病学会専門医、日本内分泌学会専門医、
         日本内科学会総合内科専門医
 富沢 浩子
■学会資格:日本糖尿病学会専門医、日本内分泌学会専門医、
         日本内科学会総合内科専門医
 丸島 径子
■学会資格:日本糖尿病学会専門医、日本内科学会認定医

▲このページの上へ