ホーム > > 脳神経外科

脳神経外科

診療科からのお知らせ

脳卒中(クモ膜下出血、脳梗塞、脳内出血)、頭部外傷や脳腫瘍の患者さんを診る科です。

診療内容・特色

脳神経外科では、地域の病院と連携を密にし、脳卒中(クモ膜下出血、脳梗塞、脳内出血)の急性期治療行っております。特に脳梗塞発症3時間以内であればtPAを用いた血栓溶解療法も行っています。
 頭部外傷(頭蓋骨骨折、脳挫傷、急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫)の患者の急性期治療を行うとともに、脳腫瘍にも力を入れています。24時間体制でCT検査を行い、必要時はMRI、脳血管造影も行っています。
緊急手術例も多く、外来受診時から検査、入院、手術、HCUでの術後管理がスムースに行われるようにしています。

 脳卒中の急性期治療とともに、発症日もしくは翌日にリハビリテーション科へ依頼し、早期にリハビリを開始しています。脳卒中の急性期治療が終了しリハビリテーションが必要な方には、脳卒中地域連携パスによるスムースな回復期リハビリテーション病院へ紹介しております。また、ケースワーカーによる療養型病院、施設などの紹介も行っております。 

 脳腫瘍では主に髄膜腫、神経鞘腫、下垂体腺腫などの良性腫瘍の外科的治療を行っております。手術中は神経生理モニタリング下に神経機能の温存を重要視するとともに、腫瘍自体は可能な限り摘出するようにしています。手術後に放射線治療が必要な場合は、放射線治療可能な施設に紹介しています。

 血管内治療は、年々増加しており東京女子医科大学の専門医の協力の下に行っております。脳動脈瘤へのコイル塞栓術、脳動静脈奇形や脳腫瘍術前の栄養血管に対する塞栓術などがあり、特に頚部内頚動脈狭窄症ではステント留置術を第一選択としています。
 定位放射線治療が有効な脳動静脈奇形、転移性脳腫瘍等に対し、ガンマナイフ治療を行っている施設へ紹介しています。

一般社団法人National Clinical Database (NCD)の手術・治療情報データベース事業への参加について

医師紹介

常勤医

竹下 幹彦
■役職:副院長・脳神経外科部長
■出身大学:金沢大学(昭和53年卒)
■得意分野:脳動脈瘤・脳動静脈奇形・脳内出血等の脳卒中外科治療、頭痛、良性脳腫瘍の外科治療
■所属学会:日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会、日本脳卒中外科学会
■指導医・専門医等:日本脳神経外科学会指導医・専門医、日本脳卒中学会専門医
都築 俊介
■役職:医長
■出身大学:東北大学(平成18年卒)
■得意分野:脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷
■所属学会:日本脳神経外科学会、日本脳卒中学会
■指導医・専門医等:日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医
角 真佐武
■役職:一般
■出身大学:浜松医科大学(平成21年卒)


各診療科のご案内TOP総合診療血液内科消化器内科循環器科腎臓内科総合外科整形外科
脳神経外科形成外科泌尿器科小児科眼科皮膚科歯科口腔外科

▲このページの上へ