ホーム > > 神経内科

神経内科

診療科からのお知らせ

神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋肉の内科的疾患を担当する科です。 
頭痛、運動障害、感覚異常、けいれん、物忘れなどの症状の相談を受けています。
片頭痛、群発頭痛、脳梗塞、てんかん、顔面・眼瞼けいれん、パーキンソン病などの神経難病、認知障害などの患者さんの診療を行っています。

診療内容・特色

神経疾患全般の診療を行っています。リバビリテーション科や医療福祉相談室と連携して包括的治療を
行っています。
担当する主な疾患と行っている治療について紹介します。

  1. 頭痛(片頭痛・群発頭痛)
    頭痛の自己管理ができることで、日常生活に支障がないよう過ごせることを目標に診療しています。
    必要な方に対しては、トリプタン製剤の内服、点鼻、自己注射による治療を行っています。
  2. てんかん
    生活指導と抗てんかん薬の内服治療を行っています。脳波検査、血液検査で発作の管理を行い、
    状態をみて服薬量の調整を行っています。

  3. 顔面けいれん・眼瞼けいれん
    内服治療、ボトックス治療を行って、症状の安定を目指しています。適応のある方には、外科的治療を
    勧めています。

  4. 認知機能障害・認知症
    画像検査(頭部MRI・CT)、スクリーニング検査、血液検査を行います。
    中核症状(記憶障害)と周辺症状(徘徊など)に対する薬物治療を行っています。また、介護者への
    日常生活におけるアドバイスを行います。

  5. 脳梗塞
    急性期には入院治療(薬物療法とともに早期からリハビリテーション)を行っています。
    外来では、再発予防を中心とした治療と生活指導を行っています。

  6. レストレスレッグ症候群(むずむず脚症候群)
    内服治療により症状の軽減を図っています。(2010年1月から新しい薬剤が保険適応になりました。)

  7. パーキンソン病、多系統委縮症、多発性硬化症、筋委縮性側索効果症などの神経難病
    内服治療による症状のコントロールと日常生活の指導を行っています。必要な方には、理学療法士、
    作業療法士、言語療法士によるリハビリテーションを行っています。
    医療福祉相談員(MSW)もチームの一員として日常生活がスムーズに行えるようにサポートしています。

▲このページの上へ