ホーム > 新着情報 > 平成29年2月 春秋園だより「リハビリ集団体操について」

平成29年2月 春秋園だより「リハビリ集団体操について」

2017年2月号.png


今回は、リハビリで行っている、集団体操についてご紹介したいと思います。

集団体操は、毎週2回、A班とB班に分かれて行っています。
A班は比較的ご自分で動くことがお好きであり、自主的な参加ができる方と行っています。
B班は動くことに多少のお手伝いや個別の声掛けが必要な方と行っています。

A班は15名前後、B班は5名ほどで行っており、毎月テーマを変えて体操をしています。
最近のものでは、風邪予防体操の1つとして、呼吸体操を行いました。
肩や首回りの筋肉を動かし、血液やリンパの循環を促進します。
また声出しや顔面、口腔内の運動を行う事により、唾液の分泌を促進させ、風邪に負けない
身体作りを目指しました。

1月のテーマは「お正月と節分」。なるべくその時の季節に合わせた運動を提供していくため、
2つのテーマをあげてみました。
1月前半はお正月の気分を味わっていただこうと思い、風船を羽子板にみたてたラケットで打ち合う
ゲームを取り入れました。
後半は節分行事で行う豆まきの練習のために、玉を投げる動きを取り入れた運動を行いました。

皆さん、ゲームになると夢中になってしまう方が多く、普段の動きより数段動きが良くなるようです。

2月はジェスチャーゲームを取り入れた体操を予定しています。皆さんが楽しんで取り組むことが出来るように、
ゲーム要素を取り入れながら、季節性を意識した体操を提供していきたいと思います。


(春秋園リハビリ一同)


▲このページの上へ


医療法人社団 常仁会
介護老人保健施設 春秋園

〒300-1231
茨城県牛久市猪子町891-2
TEL 029-870-3100
FAX 029-870-3500