ホーム > リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンターのご案内

宮崎医療センター病院のリハビリテーションセンターでは安心と満足のある生活づくりを目指した、
お客様の満足度の高いサービスを提供致します。

理念

安心と満足のある生活づくりを目指した、質の高いリハビリテーション医療を提供します。

基本方針

  1. 患者様の権利を尊重します。
  2. 明確な目標の設定
  3. 専門性に立ったチームとしての統一的な生活機能全般の把握
  4. 説明と交付を通しての自己決定権の尊重
  5. 定期的な効果判定と見直し

スタッフ人数

理学療法士:13名 作業療法士: 5名 言語聴覚士:4名 助手:2名

施設の広さ

理学療法室:310.14m² 作業療法室(1):110.57m² 作業療法室(2):30.82m²
言語聴覚室(1):19.18m² 言語聴覚室(2):14.61m² 言語聴覚室(3):15.13m²
言語聴覚室(4):14.98m² 水治療室:10.32m²

主な対象疾患

脳血管疾患、関節変性疾患、頚髄損傷、頭部外傷、関節リウマチ
開胸・開腹術後、内科・外科治療後廃用症候群他

業務・役割

◎理学療法

病気や事故によって生じた何らかの障害に対し、機能的・能力的回復や日常・社会生活の
改善を目標に必要に応じた評価・訓練を行います。

1 2
◎作業療法

当院では、老年期・身体障害の患者様に対して身体機能・日常生活面における問題を評価し、
様々な作業活動を通じて治療を行い、さらに患者様や家族が生活しやすい指導を行っています。

3 4
◎言語聴覚療法

当院における言語聴覚療法は主に脳血管障害後の後遺症を患うわれた方に話し言葉の
訓練や、コミュニケーション全体に対する訓練、その他食事に対する訓練や助言を行います。

5 6
◎訪問リハビリテーション

通院が困難な要支援・用介護状態のご利用者様に対して、理学療法士・作業療法士・
言語聴覚士等
が医師の指示に基づいてご利用者様宅を訪問し、ご利用者様が可能な限り
その居宅において自立した生活を営むことができるよう必要なリハビリテーションサービスを
行います。

7 
8
9

▲このページの上へ