ホーム > 消化器肝臓病センター

消化器肝臓病センター

主な診療内容 ( 消化器・肝臓病センター )

消化器・肝臓病センターは消化器、肝臓病の先端医療を行うために2003年10月に立ち上げられ、現在10名の医師で診療を行っております。
消化器内科(消化管、肝臓、胆膵)、消化器外科から成り立っており、食道・胃・小腸・大腸などの消化管と、肝臓・膵臓・胆嚢に関連する疾患の診断及び治療を行います。

  • 2007年より日本消化器内視鏡学会の指導施設となりました。
  • 2010年より日本消化器病学会の認定施設となりました。
  • 2012年4月1日より宮崎県肝疾患専門医療機関に指定されました。
  • 2013年2月1日より日本カプセル内視鏡学会の指導施設となりました。
  • 2016年より日本肝臓学会の認定施設となりました。

詳細を見る

消化器・肝臓病センターのご案内

消化器・肝臓病センターのご案内。

詳細を見る

担当医紹介(消化器・肝臓病センター:消化器内科)

消化器・肝臓病センター(消化器内科)の担当医の紹介です。

詳細を見る

担当医紹介(消化器・肝臓病センター:消化器外科)

消化器・肝臓病センター(消化器外科)の担当医の紹介です。

詳細を見る

▲このページの上へ