設備のご紹介

DR・CRシステム(リアルタイムデジタルラジオグラフィ装置)

DRシステムの写真

DRシステムは胃透視X線撮影、CRシステムは胸部X線撮影に導入されています。 従来のフィルムと増感紙での撮影の約3分の1の線量で撮影できます。 高解像力カメラで撮影されたデジタル画像は、撮影後の画像処理で各部位を拡大したり反転表示することができるため見易くより正確な診断ができるようになりました。

メ−カ−・規格等

東芝デジタルX線TVシステム  pressart50  2台他一式

MRI(核磁気共鳴診断装置)

MRI.jpg

MRI(Magnetic Resonance Imaging)は、核磁気共鳴現象(nuclear magnetic resonance:NMR)という物理現象を利用して身体のあらゆる部位の断層像を任意の裁断面で画像化する方法をいいます。強力な磁場の中の人体に向けて特定の周波数の電波を送ります。これに体内の水素原子が共鳴すると水素原子から微弱な電波が発生します。この電波信号を集めて頭部を含む身体のあらゆる部位の断層画像を作り出します。 当施設は、磁場強度の違う1.5テスラ及び3.0テスラの2台を保有しており、脳や脊髄などの軟部組織の情報をより細かい部分まで診断することが可能です。

頭部MRI検査でわかること

脳血管障害(脳梗塞、脳動脈瘤など)、脳腫瘍、頭部外傷など。
脳ドック及び総合健診のオプション検査で頭部MRI検査を行っています。

メ−カ−・規格等

・フィリップスエレクトロニクス社製 Ingenia 3.0T CX
・フィリップスエレクトロニクス社製 Ingenia 1.5T CX

マルチスライスCT(コンピュータ断層撮影装置)

マルチスライスCT.jpg

マルチスライスCTは、X線が体のまわりを回転しながら照射することで体のさまざまな断面像を見ることができる最新型のCTです。広範囲を低線量かつ短時間で撮影できるため、患者様の負担が大幅に軽減されました。また現在では3D表示のデータ処理能力が格段に向上し、より正確な診断が可能になりました。

胸部・腹部マルチスライスCTでわかること

小さな肺がん、肺気腫などの肺の病気。肝臓・胆嚢・膵臓などの悪性腫瘍や尿管結石、内臓脂肪量など。総合健診のオプション検査で胸部・腹部ヘリカルCT検査を行っています。

メ−カ−・規格等

・GEヘルスケア Light Speed VCT

マンモグラフィー装置

P8230329.JPG

乳房は柔らかい組織でできていることから、乳房を薄く伸ばし圧迫することで乳房全体を描出させる専用のX線装置です。平成25年に更新した装置は、フラットパネルディテクタ(FPD)という検出器を搭載し低被曝・高精細化を実現し、初期乳がんのサインである微細な石灰化や腫瘤を描出する事が可能となりました。当院ではフィルムでの診断に加え、サーバーへのデジタルデータ保管も行っております。また、診断レポートについても同様にサーバーへ保管させていることから、再検査や定期的フォローアップの際にも容易に比較する事が可能となりました。

マンモグラフィー検査でわかること

乳がんの早期発見
※早期乳がんのサインである微小石灰化を鮮明に描出させることが大きな特徴です。  また、乳腺の全体像が描出可能なため、左右においての比較診断も可能となります。

メーカー・規格等

日立メディコ社製 Selenia Dimensions

超音波診断装置(エコー)

超音波診断装置の写真

超音波装置(エコー)は圧電素子に通電すると同じ周波数の機械的振動となり超音波が発生する事を応用したものです。 生体を透過または反射して受信された超音波はまた圧電素子を通じて同じ周波数の電気信号(RF信号)に変換されこれを信号処理し画像を表示します。 入射した音(超音波)の反射音の戻ってくる時間によって距離(深さ)が、強さによって輝度(明暗)が変化します。 この変化をコンピュータ処理し 画像表示します。

超音波検査でわかること

胆石、腫瘍、嚢胞。乳癌(乳房超音波検査)。乳房超音波検査は女性の1泊2日ドック標準項目、日帰りドックのオプションとして行っています。

メ−カ−・規格等

アロカ プロサウンドSSD-3500

申し込みフォームへ

▲このページの上へ



牛久愛和総合病院総合健診センター TEL029-873-4334(直通) FAX029-873-2939 牛久愛和総合病院A館3階