4月旬の食材 あさり

2017/03/29

あさりは、うまみが増す春と秋が旬。

うまみ成分のタウリンは肝機能の促進、コレステロール、血圧を下げる働きがあるといわれています。

その他、カルシウムや鉄、亜鉛などのミネラルを豊富に含み、ビタミン類で目を引くのはビタミンB12とビオチンの多さ。

貧血予防の効果あるビタミンB12と三大栄養素(糖質・脂質・たんぱく質)の代謝を助けるビオチンの働きから疲労回復効果が期待できます。


asari.jpg

キャベツも美味しい「あさりの酒蒸し」

キャベツがあさりのうまみを含みおいしさ倍増!うまみと栄養を残さず召し上がれ!

【材料】 2人分
  • あさり    200~300g
  • キャベツ   1/4玉(もっと多めでもOK)
  • スナップエンドウ 30g(約6さや)
  • バター    大さじ1
  • 料理酒    大さじ2
  • にんにく   1/2片(おろしにんにくでもOK)
  • 塩、コショウ 少々
  • しょうゆ   小さじ1


【作り方】

  1. あさりは砂抜きをする。
  2. にんにくはみじん切り、キャベツは縦割りにしザク切りにする。
  3. 鍋にバター、にんにく、料理酒、キャベツ、あさりを入れ、蓋をして熱する。
  4. あさりの口が開いたら、塩・コショウし、強火で1分ほど加熱する。
  5. 仕上げに風味付けのしょうゆをかけて、出来上がり。

※あさりの砂抜き法
海水程度の塩水(水500㎖に塩大さじ1杯が目安)を準備し、あさりの頭が少しでる位ひたひたに浸し、砂を吐き出させます。

お店で買ったものなら2~3時間、潮干狩りで取ったものなら一晩程度。

また砂抜き後、そのまま調理すると料理の出来上がりが塩辛くなるので、一時間程度ザルにあけ塩だしをします。


文責:栄養センター